人気ブログランキング |

タグ:コッツウォルズ ( 9 ) タグの人気記事

なみなみっとした泡ガラスの
アンティークのちいさな花瓶です。
f0150936_1730812.jpg

from イギリス


三年前のゴールデンウィークは、店長と 
イギリスのコッツウォルズ地方を買い付け旅行してました。
いまだに美しい景色をときどき思い出して、うっとりしています♪
あ~,旅っていいな♪心の財産だな♪
いつでも、今すぐにでも旅立ちたい気分^^

f0150936_1534210.jpg

by natubrique | 2012-04-21 17:35 | zakka
藤の花が好きです。藤色も好き^^
子供のころ住んでいた、海辺のおうちの近くに、立派な藤棚があって
藤棚をみると、そのころの楽しかったことが思い起こされます。
藤のあま~い香りをかぐと、懐かしくなる^^

藤棚ではないけれど、コッツウォルズにはおうちの壁に
素敵に仕立てられた、藤の花をたくさん見ました。
f0150936_2239477.jpg

f0150936_22394686.jpg

蜂蜜色の壁に薄紫が映えて、一枚の絵をみているようでした。

藤の花の季節はあっという間に終わります。
また、この季節にいつかコッツウォルズに行けたらいいなあ。

うんと年をとってから、
また変わらないコッツウォルズのこの景色を見に来ることができたら
どんなに素敵だろうな~

古レンガ屋やまぼうしのちいさな雑貨屋La branche


f0150936_20145034.jpg

フットパスとは、イギリスで発祥した「歩くことを楽しむための小道」のことだそうです。
ここコッツウォルズにも フットパスがあり、歩いて村々を回る方もたくさんおられるようです。

私たちも、ちょっとだけ、フットパスを歩いてみました
f0150936_222642.jpg


f0150936_22264859.jpg


f0150936_22272660.jpg

すれ違う方と笑顔であいさつ^^
牧草地からの爽やかな風がとても心地よくて足取りも軽やかです。
とてもいい経験ができました。

f0150936_22305155.jpg

*エリゲロン* (たぶん)のお花が
カーペットのように広がっていました。

古レンガ屋やまぼうしのちいさな雑貨屋La branche


f0150936_20145034.jpg
 
*STOW -ON-THE-WOLD *
カッスルクーム村を後にし、
約束の時間が迫っていたので急ぎました~。
ステキなレディ、EVEさんにお茶をごちそうになり、いろいろとご案内いただきました。
お仕事のいいお勉強になったね、店長^^
レディEVEさんのところにすっかり長居してしまい、
この日は宿泊先の STOW -ON-THE-WOLD へ。
アンティークで有名なこの村。とっても素敵だったのですが私写真を撮っておりません。。
宿泊したKINGS ARMS というB&Bもコッウォルズらしくて、よかったのにな~。

*Bourton on the water*
少し休んで、夕食がてら、Bourton on the waterへ。
村の真ん中に、川の流れ、居心地のいい村です。
ランチボックスを持って川沿いの芝生でピクニックしてみたいな~(いつか。。)
f0150936_849993.jpg

馬車って普通の交通手段なんですか!?
f0150936_8493894.jpg

OLD MANNでフィッシュ&チップスを食べました。
あげたて、ふわふわでおいしかったなあ~。
f0150936_850473.jpg

帰りに見た空が美しかった(夜9時です)
f0150936_856936.jpg


古レンガ屋やまぼうしのちいさな雑貨屋La branche


f0150936_20145034.jpg

*CASTLE COMB*キャッスルクーム村

この村は一番楽しみにしていた村
(十三駅前に同名の喫茶店があって、すごい気になってたから。。フフフ)

駐車場から、こんな緑の道を通りながら村まで少し坂道を下っていきます。
鳥のさえずりが耳に心地よくて、夢心地♪
f0150936_873125.jpg

ブルーベルのお花初めて見ました♪
f0150936_881120.jpgf0150936_88285.jpg


うわ~、なんていうことでしょう。
憧れてたコッツウォルズの蜂蜜色の村そのままの雰囲気。
静かで心落ち着きます。
f0150936_8152414.jpg

このころから、少しづつ太陽がでてきました
f0150936_8155959.jpg

絵になるな~。
f0150936_8161873.jpg

こんな家に住みたい!っとか好きなことを店長と話しておりました^^
ケーキの無人販売があったりして、のどかでいいな~。
買っておけばよかったな~。
f0150936_8164098.jpgf0150936_8165577.jpg


この村は本当に静かでよかったなあ^^
コッツウォルズで一番好きになった村です!
(今、十三のキャッスルクームへ行くべきか否か迷ってます。。)

古レンガ屋やまぼうしのちいさな雑貨屋La branche


f0150936_20145034.jpg

村々に向かう途中も素敵な景色がいっぱい。
あまりに美しくて、泣きそうになります。。

f0150936_1973982.jpg

うわっ、これって現実ですか?って、店長に何度も言ってしまいました^^

f0150936_1991042.jpg


f0150936_1911744.jpg
f0150936_19112175.jpg

f0150936_1912140.jpg

牛さんはちょっと退屈しているようで、カメラを向けると近づいてきてくれました^^

古レンガ屋やまぼうしのちいさな雑貨屋La branche


f0150936_20145034.jpg

ロンドンパディントン駅から定刻通り列車は発車。
車窓を眺めながら、ゆったりできるので、鉄道の旅って大好きです。
今回は前もって、オフピークチケットを予約してたので
リーズナブルに一等車を利用することができました。
(飲み物とお菓子のサービス付きで、有料で朝食も頼むことができます。荷物置きもあり安心です^^)

時間どおりにバースに到着!
いざ、降りようとしたら、ドアがあきませんっ!
ぎゃお~、降りられへんや~ん。。
押しボタンもないし、あ~どっしよ~と焦っていたら、
通りかかった紳士が、ドアの窓をあけて外側からノブをひねって開けてくれました。
もう~、感謝です。中からはあかないのね~。
この旅で一番 ヒヤッとした出来事でした。

バースからはレンタカーで移動。
店長はりきって運転中^^
ラウンドアバウトというロータリーに最初ちょっと戸惑ったようですが、
運転に関してはプロの店長!すぐに慣れて、快調に進みます。(さすがだね!)
ウシさん、羊さんいっぱい♪丘から丘へ車を走らせます。
f0150936_1525189.jpgf0150936_15253789.jpg

緑の景色の中をどんどこ走り、最初の村 LACOCK(レイコック)に到着。 

古レンガ屋やまぼうしのちいさな雑貨屋La branche


f0150936_20145034.jpg

空港からはヒースローエキスプレスでパディントン駅まで。
時間のないツーリストにとって早いというのは、とっても魅力的です。

次の朝、パディントン駅からバースまで列車に乗るので
パディントン駅直結のホテルに宿泊です。tubeでどこに行くにも便利で基点にいいホテルでした。

お仕事関係の方とお会いしてたら、あっという間に夕方。
この日は近くのハイドパークをお散歩することにしました。
広くて、お花いっぱいの美しい公園。植え込みの色合わせがとってもステキでした。
こんなひろい素敵な公園が都心にあるなんて、なんだか余裕を感じます。f0150936_22544099.jpgf0150936_22545816.jpg

わんちゃんたちもお散歩を楽しんでます。
やまぼうしの看板犬チェルシーもこんな素敵な公園に連れてきてあげたいな~。
f0150936_22554251.jpgf0150936_22555546.jpg

ロンドンはレンガ造りの建物が多くて、ウヒョウヒョいいながら、ホテルまで歩いて帰りました^^

パディントン駅には、たくさんお店があって、とっても便利。
スーパーも夜遅くまでやってるし、食事するのにも困りません。(回転寿司もあった)
クリスピークリームドーナツがあったのでちょいと食べてみました。
f0150936_235313.jpg


いよいよ楽しみにしていたコッツウォルズへ出発です!
f0150936_2311315.jpg


古レンガ屋やまぼうしのちいさな雑貨屋La branche


f0150936_20145034.jpg

フランスのアルザス地方、プロヴァンス、イギリスのコッツウォルズ地方を旅してきました。

今回はフランクフルト経由、ルフトハンザ航空を利用しました^^
新しい機体で快適なフライト。

f0150936_18505099.jpg

旅の始まりは、アルザスから♪
フランクフルトから、エアポートバスでストラスブールへ。


これから自分の備忘録も兼ねて、少しづつ旅のお話を綴っていきたいと思います。
よろしければ、おつきあいください^^

古レンガ屋やまぼうしのちいさな雑貨屋La branche


f0150936_20145034.jpg