宝塚宙組『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)』

ごきげんよう!
宝塚大劇場での
宙組の『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)』観劇してきました。
(トップスター朝夏まなとさん大好きなのでつい長文に。。失礼します)
f0150936_07581724.jpg


(以下宝塚歌劇hpより引用)
ウィーンで誕生したミュージカル「エリザベート」。
稀有な美貌の持ち主であると同時に、自由奔放な生き方を求めた少女エリザベートが、オーストリア皇后となったことから辿る数奇な運命。
宝塚歌劇では、彼女を愛する黄泉の帝王トート(死)という存在を主役に据えて、ロマンティシズム溢れる世界を構築されています。
********
f0150936_07581817.jpg

宙組エリザベート、ほんとうに素晴らしかったです。
先日観劇したばっかりなので、頭の中はエリザベート一色
f0150936_07581906.jpg

トップのまあ様(朝夏まなとさん)のトート閣下の人間離れした存在感(黄泉の帝王トート(死)ですから)に圧倒されました。
仕草ひとつひとつ、視線の配り方、ト―トという存在のあり方佇まいに目が釘付け!

絶妙なパープル感のあるストレートの髪をふぁさっとするところなんか
素敵過ぎて眩暈がしました。投げキッスはやめて~。(キュン死寸前。。)
終始凄みのあるクールな美しさに魅了されました。
**
まあ様(朝夏さん)といえばダンスですが、それはもう決めポーズが素敵でステキで
包容力のあるあり方と、伸びやかで聞き取りやすいパワフルな歌声が心に沁み入りましたよ~。
息をするのも忘れるぐらい、身じろぎもせずに観劇しました。うっとり♡
今回とってもいいお席だったので、パワフルな声量が振動として伝わってきたぐらいです♪
エリザベート役の宙組トップ娘役 実咲凜音さんも気品があり
堂々とした存在感で、トート様とのハーモニーもキレイだったな~。

みなさん、回を重ねるごとに、進化していて、東京宝塚では、どんなことになるんでしょうか。
お客様の熱気に呼応するように宙組のみなさんが益々高みへと昇っていく素晴らしい舞台でした。


まだまだ書き足りないですが、このあたりでやめておきますね^^

東京宝塚劇場の千秋楽まで宙組の皆様がんばってください
f0150936_07582035.jpg

阪急電鉄 ブログdeバーチャル駅長でもエリザベートの記事をupしています。

[PR]
by natubrique | 2016-09-02 07:44 | my favorite